【売上アップ編】マーケティング〜営業部署で使われるおすすめノーコードツール

「ノーコードツール」というとペーパーレス化やハンコレス化など生産性を大幅に改善させるためのバックオフィスで活用されるイメージが強いですが、実は売上アップのためのノーコードツールも数多く展開されています。 有効な問い合わせを増やすミッションを持つマーケティング部で活用されているノーコードツール、顧客リストを有効に活用しながら受注確立に貢献するための営業部で活用されているノーコードツールがあります。

記事を見る



ノーコードとローコード何が違うの?おすすめサービスをご紹介!

”ノーコード” ”ローコード”という言葉を耳にする機会が増えてきました。 ”ノーコード” ”ローコード”と聞くと横文字でもあるためシステムチックな印象を受けがちですが、むしろシステムに詳しくない方でもデジタルを活用できるような世界観を作り出しているのが、ノーコードサービスであり、ローコードサービスです。 ノーコードサービス、ローコードサービスが普及してきたことにより様々な業務が簡略化、自動化されるようになり多くの企業がその恩恵を受けられるようになりました。 少しニュアンスが違う”ノーコード”と ”ローコード”についてご説明します。

記事を見る

【事例集】ノーコード ローコード事例を徹底解剖。スタートアップから大企業のDXまで。

今回は、ノーコード/ローコードの「事例」について見ていきたいと思います。 ノーコード/ローコードは、スタートアップや個人から大企業まで、幅広く活用され始めています。 ケースとしても、新サービスのモック作成や、新規事業でのPoC活用、現場主導のDX(デジタルトランスフォーメーション)、業務自動化、営業やマーケティング活用、組織改善・改革の推進など、多岐にわたります。

記事を見る

【全体像】ノーコード ローコード とは?DX推進に必須。時価総額 X兆円企業も続出。

ノーコード・ローコードは、DX推進に必須になってきました。 2020年くらいから様々なメディアでも頻出のワードとなってきており、「まだまだ新しいワード」という印象が強いと思います。 そこで本記事では、「ノーコード・ローコードの全体像」を見ていきたいと思います。

記事を見る

ノーコードのメリットとデメリットを考えてみました

ノーコードに限ったことではありませんが、物事には良い面と注意しなければいけない面の両面が必ず存在します。 もちろん、ノーコードというものについてもそれは存在しています。 ある側面やあるシーンから見ればメリットでも、別の立場にいる人から見ればデメリットとして捉えられることってありますよね。 今回は、ノーコードについてのメリット/デメリットを考えてみました。

記事を見る

ノーコードでできないこと

プログラムを書かなくてもシステム構築できたり、WEBサイトを作れたり、WEBアプリケーションやゲームを作ったり、さらにはデータ連携するシステムを作ったりもできるノーコードですが、プログラミングすればできるのに、ノーコードなのでできないってことがあります。それらを今回はお話したいと思います。

記事を見る

ノーコードを正しく使うには?オススメ活用方法

新しい開発手法として急速に注目を集めているのが「ノーコード」ですが、「ノーコード」という言葉が独り歩きしてしまい、「誰でも簡単に、あらゆるアプリケーションが作れるようになった」という誤解を生みがちです。確かに加速度的にできることは拡張されてきていますが、現時点では「ノーコード」には向き不向きや限界があります。 本記事では、ノーコードを活用するのにおすすめの領域やおすすめのノーコードツールを解説します。

記事を見る

【バックオフィス編】増え続けるノーコードサービス

バックオフィスにおけるDXは、兎にも角にも、生産性を大幅に改善させることができます。今までアナログで管理、処理していたものがこの「ノーコードサービス」によって大幅に利便性が向上し、今まで作業に使っていた時間を有効活用することができるようになりました。実は知らないうちに「ノーコードサービス」を利用していることも多く、今回はよく利用されているバックオフィス系のノーコードサービスをご紹介します。

記事を見る

人気記事ランキング